ダイナースクラブカードの歴史|全てのカードの起源がここに!

ダイナース

ダイナースクラブカードは、世界で初めてのクレジットカード・クレジットカードブランドとも言われます。ダイナースクラブは1950年にアメリカで設立されました。

 

ダイナースクラブカードはクレジットカードの草分け的存在

world3

厳密には「世界で初めて」の解釈は様々にできます。カード払いに準じる形式の支払い法は、様々な分野でそれ以前にもなされていたからです。しかし1950年当時「レストランで使える」カードで広く知られるものは存在しませんでした。そこを切り開いたのがダイナースです。

飲食店での「ツケ払い」は各店舗ごとに今も可能ですが、それは自分あるいは知人・友人の馴染みのある店に限られます。信用のある人ではどこでも「ツケ払い」ができると良い、との趣旨で作られたのが「ダイナースクラブ」なのです。

クレジットカードの草分け的存在とは、間違いなくいえます。

 

日本ダイナースクラブの設立

diners-plastic

「日本ダイナースクラブ」は1960年に設立、1961年はじめからプラスティック製カードの発行を始めています。これは日本初です。

参考として日本第二番目のカード会社であるJCBは翌1961年に設立されました。

VISAは1958年に「バンク・オブ・アメリカ」として設立しクレジットカードを発行、日本で内外用VISAブランドカードが発行されたのは1980年です。Mastercardは原型が1960年に生まれ、日本では1970年から。アメリカン・エキスプレスでは1958年にアメリカ・カナダで、日本では1980年からカードを発行しています。

 

他社をリード&独自スタイルを確立したダイナース

card3

1950年~1960年代にかけてのカード黎明期にも世界をリードし、日本で1980年ごろに足並みが揃った頃には、既に20年以上の歴史を持っていたのがダイナースクラブです。

VISAやMastercardはクレジットカードそのものの発行は行わないようになっていきました。またJCBやAMEXはカード発行とブランド会社を兼ねますが、他社にブランドを提供しています。

「カード発行とブランド会社を兼ね、かつ他社カードにブランドが搭載されない」スタイルを続けているのがダイナースです。 日本においては日本交通公社と富士銀行によって設立され、2000年にシティグループが買収、2015年からは三井住友トラストクラブがダイナースの事業を行っています。

そうした変遷はあっても、カードイメージや優待は一貫して保ち続けているのがダイナースです。社会的地位のある人にカードを発行してきています。2010年代ごろから緩和されましたが、厳しい審査基準を持っています。

 

ダイナースというプレミアム性と時代に合わせた試み

premium

ポイントシステムは、かつては10,000円利用ごとに付与されるなどの仕組みでした。2010年代、100円利用ごとにカウントされるよう変更されました。品格を保ちながら時代に合わせる柔軟さもダイナースクラブの歴史に見られます。

カードの種類は複数ありますが、保険や優待に優れた、他社ゴールドを超えてほぼプラチナ以上のカードのみをラインナップし続けています。

 

 

憧れのダイナースプレミアムカード|インビテーション条件は?

ダイナースクラブプレミアムカードインビテーション制です。

招待を受けることではじめて持てるカードで、「ブラックカード」の一種です。

ではこのインビテーション制のダイナースクラブプレミアムカードはどうやったら持てるのでしょう?

謎に包まれたダイナースクラブプレミアムカードの取得条件を探ってみたいと思います。

 

ダイナースクラブプレミアムカードの取得条件は明確ではない

ダイナースクラブではプレミアムカード会員について「社会的地位」と「支払い実績」を重視すると過去に示しています。

しかし、具体的な条件は明示されてはいません。

ただ、ダイナースクラブカードを持つことが、プレミアムカード取得にやはり早道のようです。

ダイナース

一方で注意点もあります。

「紹介」の場合むしろダイナースクラブカードを持っていないほうが良いケースもあります。

自信のある人は先にプレミアムからの取得を考えても良いようです。

 

ダイナースクラブカード所有者の属性が関係する?

suit

ダイナースクラブカード所有者の属性がインビテーションに関係してくるのか考えてみます。

社会的地位が関係している?

弁護士や医師、著名企業の役職者、経営者、国家公務員などは社会的地位が高いとみなされます。

ただ、このことのみに縛られない発想が大事なようです。

「経営者」は比較的ハードルが低そうです。

資産によって有利になる?

以前シティグループがダイナース事業を手がけていた際、シティバンクの口座に5,000万円の残高があると申し込める状態がありました。

これがひとつのヒントになります。

今は三井住友トラストクラブが発行していますので、メインバンクを三井住友信託銀行としておくと有利なの「かも」しれません。

収入によってインビテーションが来やすい?

年収約1,000万円以上ではインビテーションが来たという事例が多いです。

ただ、社会的地位やカード利用実績、資産次第ではこの判断され方は変わるでしょう。

 

ダイナースクラブの利用実績でインビテーションが来やすくなる?

card

ダイナースクラブカードの利用実績でインビテーションが来やすくなるのか?について考えてみます。

年間利用金額で優遇される?

年300万円程度のダイナースクラブカード利用があると良い?とも考えられます。

年100万円ほどでも来たというお話はあります(本当かどうか、それだけが決め手かは不明)。

カードの世界では年収の1/3~2/3という概念が色々な場面で見られます。

他社の一般カードを持っていて「ゴールドカード」の勧誘が来る場合に多いのが、「年間利用100万円以上」のライン。

その2-3倍以上というわけです。当然、延滞などは絶対にしないことが大事でしょう。

ブラックレベルのカードを簡単に複数枚保有できる層でも、休眠気味にしてしまうカードが出ます。

「ダイナースクラブのカードをよく使う人」と認識されることも大事のようです。

カードの利用年数も関係?

ダイナースクラブカードを保有し1年以上となったあたりにインビテーションが来やすいようです。

「3年以上」の声もありますが、利用状況や属性によりもっと早く来ることもあります。

カード利用先もインビテーションに関係?

ダイナースクラブカードをとにかく使えば良いというよりは、高級ホテルや高級レストラン、つまりダイナースクラブカードの優待があるような施設を使うと、有利なようです。

ダイナースクラブカード提携先での利用も関係?

ダイナースクラブカードは、航空関係、ホテル、自動車会社などとの提携カードを備えます。

ANAダイナースカード JALダイナースカード
anadiners jaldiners
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード BMWダイナースカード
deltaskymilediners bmwdiners

これらのサービスで優良顧客となると、プレミアムのインビテーションが来やすいようです。

 

「紹介」でダイナースクラブプレミアムカードを持つことも

suit2

ダイナースクラブプレミアムカードの会員に紹介してもらうと、それほど好条件でなくても保有しやすいようです。

これは、一種の「社会的地位」と考えられます。

高属性な人と本当に親しければ、ある程度は信用が高いと見込めますね。

ここで重要なのは、ダイナースクラブカードを持っていないとか、持っていたことがあっても解約後1~2年経過が条件と思われるケースが見られることです。

 

事実上「申込」に近い方法を取るのもアリ

プレミアムカードは申し込めません。

しかし普段、各種手配等でのダイナースデスク・担当者との会話中に「プレミアムカードも持ちたいんですよ」と自然に言うことは何ら問題ないです。

ダイナース側としても、年会費約7倍のプレミアムカードをほしい会員なのか、そうでないのか分かれば対応は違ってきます。

 

 クレームを入れてダイナースクラブプレミアムカードに格上げ?

ちなみに私の知人はこれに近い方法でプレミアムカードを取得しました。

その知人はある月にダイナースクラブカードを限度額いっぱいまで使っていました。

そうとは知らずお店でカードを使おうとしたところ、カードが切れず恥ずかしい思いをしたそうです。

suit3

これに怒った知人はダイナースにクレームの電話を入れました。

すると限度額が高めのプレミアムカードを発行してくれたというのです。

なので意外とデスクに電話してみるというのは、ダイナースクラブプレミアムカードを作る有効な手段なのかもしれません。

 

カードを所有する人の人柄も関係?

suit4

クレジットカードの顧客は、とても丁寧な人もいれば、横柄な人などもいます。

デスクを利用する際なども丁寧さや実直さをアピールしておけば、悪い方向には作用しないでしょう。

※プレミアムカードを懇願してゴネたりは論外です。

 

まとめ:ダイナースクラブプレミアムカードは手の届かないカードではない

check

インビテーション制を採用するダイナースクラブプレミアムカード。

取得が簡単とは間違ってもいえませんが、いくつかの情報をまとめると、「決して手の届かないもの」ではないようです。

一般サラリーマン等でも検討はできるカードだと分かります。

また属性の高い方では、ひとまずダイナースクラブカードを作ってみると、難なくインビテーションがくることもあります。

 

まだダイナースクラブカードを持っていない人はまずはダイナースクラブカードの取得から始めてインビテーションを待つといいでしょう。

 ダイナースクラブカードの関連記事

 

他のカードとは一線を画するダイナースクラブカードの限度額

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

ダイナースクラブカードの年会費は22,000円で申し込み制です。審査のハードルは決して低くはないものの、特別な招待等を要さずに手に入れられるクレジットカードです。そして、利用限度額には一律の制限がありません。

この年会費でかつ申し込み制のカード、そして利用可能枠に制限なし。他のカードと比較してみるとダイナースクラブカードは特殊であることが分かります。

 

プラチナ・ゴールドカードと比較しても特殊なダイナースクラブカードの限度額

似た価格帯の申し込み制プラチナ・カードでは利用可能枠最大500万円程度、1万円台のゴールドでは同2~300万円程度が一般的です。

 

 申し込み制プラチナカードの一例

MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 三井住友VISAプラチナカード Orico Card THE PLATINUM
MUFG-platinum mitsui_platinum orico-platinum
最大500万円 300万円以上 最高300万円

 

 1万円台のゴールドカード一例

三井住友VISAゴールドカード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 楽天プレミアムカード
mitsuigold saison-gold rakutenpremium
最高200万円 最高300万円 最高300万円

 

ただしこれらは各カードの「最大」を示すスペックです。実際にはユーザーごとに設定され100万円だとか60万円となることも。ですから、年会費が1,000円台とか無料といったカードの方がプラチナ/ゴールドより枠が大きいということも十分あります。

これらのカードに対してダイナースクラブカードは一律の制限なしです。かなり特殊なカードであると言えます。

 

ダイナースクラブカードはいくら使っても限度額は「一律の制限なし」

money2

ダイナースクラブカードの場合はスペックとしての最大額がないだけでなく、各ユーザーにも特に枠の制限が設定されません。他のカードと一線を画しています。

利用枠があるカード(大多数のカード)の場合、たとえば500万円の枠が設定されている状況で30万円の利用をすれば、使えるのは直ちに470万円になります。ダイナースクラブカードではこのようなことがなく、常に一律の制限なしです。

ダイナースクラブでは創立当初より「信用」に重きをおいています。たとえばふだん、信頼しあっている家族や友人などの食事代を払うという場合、特に「○○円まで」という厳密な約束・区切りを設けないことも多いでしょう。こうしたフィーリングに近いのがダイナースの考え方です。

 

一括払い以外ではダイナースクラブカードは限度額がある

card2

一回払い以外の支払い方法、つまり

  • リボ払い
  • ボーナス一括払い

においては、ダイナースクラブカードでも個々に利用可能枠が設定されます。100万円~400万円といった数字が多いようです。

ダイナースは毎月20日締めで翌月10日払いですが、その範囲で払えない買い物をするなら、当然一回払い以外の方法で支払うことになります。これについて利用枠があるのはむしろ良心的です。

高額の買物をする場合は事前連絡をするのが良いです。いくら一律の制限がなくても、突然普段からはありえないような額の決済があれば、ダイナースから確認の電話等が来ます。

どのぐらいの額・どのような買い物が高額かは判断が難しいですが、ご自身で「今月はちょっと大きな買物をする」と思うときは連絡しておくのがスマートです。

信用を得続けてホールドし続ければ、利用枠の細かな設定に煩わされず日常から旅行までとても信頼できる一枚。それがダイナースクラブカードです。

 

 ダイナースクラブカードの関連記事