メリット多数!マイルを貯めるならANAダイナースカード!

anadiners

ANAダイナースカードはダイナースクラブカードの共通特典の他にマイルが貯まりやすいという特徴を持ったカードです。カードの基本情報からマイルの詳細についてこの記事では解説して行きます。

 

ANAダイナースカードの基本情報

年会費 本会員 27,000円(税抜)
家族会員 6,000円(税抜)
入会条件 年齢27歳以上
利用可能枠 一律の制限なし
支払い方法 一括払い、ボーナス一括払い、リボ払い
保険 海外旅行 最高1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
国内旅行 最高1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
ショッピング 年間500万円(利用付帯)
ポイント
  • 100円で1ポイント(=1マイル)
  • マイル移行に必要なポイントプログラムの年会費が無料
  • マイル移行手数料無料

ショッピング利用からのレートはダイナースクラブカードと同じです。年会費27,000円で、ダイナースクラブカード(22,000円)+ダイナースグローバルマイレージ(6,000円)より1,000円安くなります。

    

ANAダイナースカードの特徴

point

ANAダイナースカードはANAと提携しているだけにマイル関係に強いカードです。ANAダイナースカードならではの特徴や特典を紹介します。

 

マイルが貯まりやすくなる7つの特典

①入会・継続でマイル獲得

ANAダイナースへの新規入会あるいは継続で2,000マイル獲得することができます。

②ボーナスマイル

通常のフライトマイル+ボーナスマイルが貰えます。※ボーナスマイル=区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

③カード利用100円で1マイル相当獲得

anadiners_mile

カード利用100円ごとに1ポイントが貯まります。そして1ポイント=1マイルとして交換できます。1マイルの価値は2円以上と言われていますので、還元率としては2%とかなり高い数字となっています。

④Edyチャージでも貯まる

edy

コンビニなどでEdyチャージすると200円ごとに1マイル貯まります。※ダイナースクラブのリワードポイントは付与されません

 

⑤提携店・対象商品でマイル付与

カードマイルプラスという特典です。提携店・対象商品で100円(税込)または200円(税込)につき、ポイントとは別に1マイルが付与されます。

⑥家族会員のマイルの合算ができる

ANAカードファミリーマイル(登録無料)で家族会員のマイルを本会員に合算することができます。

⑦入会キャンペーン

campaign

入会後のカード利用額や国内線・国際線の利用などによりボーナスマイルがプレゼントされます。

 

ポイント移行の際にポイントプログラムの年会費がかからない

通常、ダイナースクラブカードではポイント移行の際に「ダイナースグローバルマイレージ」と呼ばれるポイントプログラムの年会費を払う必要があります。しかし、ANAダイナースカードならこの年会費が必要ありません。

  ANAダイナースカード ダイナースクラブカード
anadiners ダイナース
ポイントレート 1ポイント=1マイル 1ポイント=1マイル
年間マイル移行上限
  • ANA:80,000マイル
  • ANA以外:各航空会社ごとに10万マイル
  • ANA:80,000マイル
  • ANA以外:各航空会社ごとに10万マイル
マイル移行手数料 無料 無料
ポイントプログラム年会費 無料 6,000円(税抜)

ANAダイナースカードは年会費27,000円(税抜)となっており、ダイナースクラブカードの年会費22,000円(税抜)よりも高いです。しかし、マイル移行のポイントプログラム年会費6,000円(税抜)を加味すれば1,000円(税抜)分お得。

さらにこれまで説明してきたマイルが貯まりやすい特典も合わせれば、ダイナースクラブカードよりもお得なカードと言ってもいいでしょう。

 

ANAダイナースプレミアムカードならさらにマイルが貯まる

anadiners_premium

招待制になりますがANAダイナースプレミアムカードを持つことができればさらにマイルが貯まりやすくなります。

 ANAダイナースプレミアムカードの特典

  • ポイント還元率は通常の2倍…100円で2ポイント(=2マイル)
  • カード提携店でのボーナスポイントが通常の2倍
  • ANAグループのフライト利用で通常のマイル+50%分のマイルが加算

このようにマイルがより貯まりやすいカードとなっています。さらにプレミアムカードという最高峰のステータス、豊富な特典などを兼ね備えたカードです。もし招待が来たら作ってみるのもいいでしょう。

 

 ANAダイナースプレミアムカードの基本情報

年会費 本会員 130,000円(税抜)
家族会員 無料
入会条件 招待制
利用可能枠 一律の制限なし
支払い方法 一括払い、ボーナス一括払い、リボ払い
保険 海外旅行 最高1億円(自動付帯)
国内旅行 最高1億円(自動付帯)
ショッピング 年間500万円(利用付帯)
ポイント
  • 100円で2ポイント(=2マイル)
  • マイルへの移行手数料無料
  • マイル移行のポイントプログラム年会費が無料

 

ANAダイナースカードはダイナースクラブカードとしての共通特典も用意

gift2

ANAダイナースカードはダイナースクラブカードの共通特典も利用できます。

  • 国内28ヶ所の空港ラウンジが無料利用可能
  • 世界600ヶ所以上の空港ラウンジが無料利用可能
  • 人気レストランのコース料理が1~2名無料に
  • 国内・海外のホテルを特別価格で
  • Hotels.comでのホテル予約が常時8%割引
  • 名門ゴルフコースのプレー代金が割引に
  • ゴルフのプライベートレッスン料金が割引に
  • 24時間年中無休のコールセンター
  • 海外旅行から帰国の際に荷物を指定の場所まで無料で配送
  • コナミスポーツクラブが法人料金で利用可能
  • グローバルWiFiを割引料金でレンタル可能
  • すきやばし次郎の会食会に特別枠で参加可能
  • 或る列車ツアーに特別枠で参加可能
  • アラン・デュカス氏監修のレストランでのイベントへの招待

など多くの特典が用意されています。

 

まとめ:ANAダイナースカードはマイルを貯めたい人におすすめ

airplane1

ANAダイナースカードは通常のダイナースクラブカードの共通特典に加え、マイルが貯まりやすいカードとなっています。

  • 入会や継続でのマイル
  • フライトによるボーナスマイル
  • 提携店でのボーナスマイル

など、マイルが貯まりやすい特徴が備わっています。また、特にありがたいのがポイントをマイルに移行する際の手数料がかからないということです。通常のダイナースクラブカードではマイル移行するために年会費6,000円(税抜)のポイントプログラムへの登録が必要ですが、ANAダイナースカードなら登録無料となっています。

ということでダイナースクラブカードの特典を受けつつ、マイルもたくさん貯めたいという方にANAダイナースカードはおすすめです。カードを発行したらどんどんマイルを貯めましょう!

 ダイナースクラブカードの関連記事