他のカードとは一線を画するダイナースクラブカードの限度額

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

ダイナースクラブカードの年会費は22,000円で申し込み制です。審査のハードルは決して低くはないものの、特別な招待等を要さずに手に入れられるクレジットカードです。そして、利用限度額には一律の制限がありません。

この年会費でかつ申し込み制のカード、そして利用可能枠に制限なし。他のカードと比較してみるとダイナースクラブカードは特殊であることが分かります。

 

プラチナ・ゴールドカードと比較しても特殊なダイナースクラブカードの限度額

似た価格帯の申し込み制プラチナ・カードでは利用可能枠最大500万円程度、1万円台のゴールドでは同2~300万円程度が一般的です。

 

 申し込み制プラチナカードの一例

MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 三井住友VISAプラチナカード Orico Card THE PLATINUM
MUFG-platinum mitsui_platinum orico-platinum
最大500万円 300万円以上 最高300万円

 

 1万円台のゴールドカード一例

三井住友VISAゴールドカード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 楽天プレミアムカード
mitsuigold saison-gold rakutenpremium
最高200万円 最高300万円 最高300万円

 

ただしこれらは各カードの「最大」を示すスペックです。実際にはユーザーごとに設定され100万円だとか60万円となることも。ですから、年会費が1,000円台とか無料といったカードの方がプラチナ/ゴールドより枠が大きいということも十分あります。

これらのカードに対してダイナースクラブカードは一律の制限なしです。かなり特殊なカードであると言えます。

 

ダイナースクラブカードはいくら使っても限度額は「一律の制限なし」

money2

ダイナースクラブカードの場合はスペックとしての最大額がないだけでなく、各ユーザーにも特に枠の制限が設定されません。他のカードと一線を画しています。

利用枠があるカード(大多数のカード)の場合、たとえば500万円の枠が設定されている状況で30万円の利用をすれば、使えるのは直ちに470万円になります。ダイナースクラブカードではこのようなことがなく、常に一律の制限なしです。

ダイナースクラブでは創立当初より「信用」に重きをおいています。たとえばふだん、信頼しあっている家族や友人などの食事代を払うという場合、特に「○○円まで」という厳密な約束・区切りを設けないことも多いでしょう。こうしたフィーリングに近いのがダイナースの考え方です。

 

一括払い以外ではダイナースクラブカードは限度額がある

card2

一回払い以外の支払い方法、つまり

  • リボ払い
  • ボーナス一括払い

においては、ダイナースクラブカードでも個々に利用可能枠が設定されます。100万円~400万円といった数字が多いようです。

ダイナースは毎月20日締めで翌月10日払いですが、その範囲で払えない買い物をするなら、当然一回払い以外の方法で支払うことになります。これについて利用枠があるのはむしろ良心的です。

高額の買物をする場合は事前連絡をするのが良いです。いくら一律の制限がなくても、突然普段からはありえないような額の決済があれば、ダイナースから確認の電話等が来ます。

どのぐらいの額・どのような買い物が高額かは判断が難しいですが、ご自身で「今月はちょっと大きな買物をする」と思うときは連絡しておくのがスマートです。

信用を得続けてホールドし続ければ、利用枠の細かな設定に煩わされず日常から旅行までとても信頼できる一枚。それがダイナースクラブカードです。

 

 ダイナースクラブカードの関連記事