実はけっこうすごい!ダイナースクラブカードのマイル移行

airplane2

特典が充実しているダイナースクラブカードですが、実はマイルがとても貯まりやすいカードでもあります。はたしてその実力は?

 

ダイナースクラブカードのマイル移行の詳細

ダイナースクラブクラブカードではカード利用100円で1ポイントが付与されます。ポイントに期限はありません。貯まったポイントは

  • 1,000ポイント=1000マイル

として交換することができます。10万円のカード利用で1,000マイルが獲得できるシステムです。

point-mile

 

 マイル移行プログラムの詳細

年間参加費 6,000円(税抜)
マイル移行手数料 無料
マイル移行期間目安
  • ANA … 申込後、通常5営業日以内
  • アリタリア-イタリア航空… 申込後、通常2週間~1ヶ月半以内
  • 大韓航空 … 申込後、通常2週間~1ヶ月半以内
  • デルタ航空 … 申込後、通常2週間以内
  • ユナイテッド航空 … 申込後、通常2週間以内
年間移行マイル数上限
  • ANA … 8万マイル
  • ANA以外 … 各航空会社ごとに10万マイル

「ダイナースグローバルマイレージ」に参加することがマイル交換の条件で、年間6,000円です。海外系ではこのシステムを採るカードが多くカード会費に加味して考えたいです。

ダイナースのマイル移行の特徴は、参加航空会社が多いことです。全日本空輸、アリタリア-イタリア航空、大韓航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のプログラムが使えます。 年間にポイントから移行できるのはANAが8万マイル、他の航空会社が10万マイルまでです。

 

ANAダイナースならダイナースグローバルマイレージ参加費不要

anadiners

比較として「ANAダイナースカード」は、100円利用で1ポイント→1マイルと直ぐマイルに交換でき、別途ダイナースグローバルマイレージ参加費用はかかりません。

関連記事:メリット多数!マイルを貯めるならANAダイナースカード!

 

 ANAダイナースカードの基本情報

年会費 本会員 27,000円(税抜)
家族会員 6,000円(税抜)
入会条件 年齢27歳以上
利用可能枠 一律の制限なし
支払い方法 一括払い、ボーナス払い、リボ払い
保険 海外旅行 最高1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
国内旅行 最高1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
ショッピング 年間500万円(利用付帯)
ポイント
  • 100円で1ポイント(=1マイル)
  • マイル移行手数料無料

ショッピング利用からのレートはダイナースクラブカードと同じです。年会費27,000円で、ダイナースクラブカード(22,000円)+ダイナースグローバルマイレージ(6,000円)より1,000円安くなります。

ANAダイナースでは航空機の搭乗でフライトマイルが貯まる、いわゆる「航空系カード」です。一方ダイナースクラブカードではカード利用でのマイル獲得のみです。

 

会費/ショッピングマイル獲得がほぼ同等のものに

  • JALダイナース
  • デルタ スカイマイルダイナース
  • MileagePlusダイナース

があります。また、年会費43,000円で

  • MileagePlusダイナース(ファーストタイプ)

があります。詳細は省きますが良くも悪くも各航空会社に特化しています。※これらとダイナースクラブカードは合わせて持てます。

 

一般的なクレジットカードのマイル還元率は?

card1

一般的なクレジットカードでは、還元率が良いカードでも1,000円利用では5マイル獲得が相場です。ダイナースクラブカードはこの倍のレートです。

航空系と言われるカードでは、1,000円利用で10マイルの獲得が多いです。ただし年会費や航空関連寄りの特典を考える必要があります。ダイナースクラブカードは幅広い優待を備えつつ、マイル獲得レートはこれらと同等です。

ちなみにダイナースのブラックカード「ダイナースクラブプレミアムカード」では1,000円利用で20マイルと群を抜くレートですが、こちらは招待制で年会費13万円といったカードです。

 

1マイルの運用方法でダイナースクラブカードのポイントの価値は変わる

money1

「1マイルがいくらぐらいなのか?」ですが、他ポイント等に移行すれば1円ほど、「普通」レベルに運用して2~3円でしょうか。国際線の高グレードなクラスを選べば5~10円以上の計算にもなります。ビジネスクラス以上で特に高くなります。

 

 1マイル=5円の価値なら?

カード利用額 付与されるマイルとその価値
50万円 5,000マイル=25,000円相当
100万円 10,000マイル=50,000円相当
200万円 20,000マイル=100,000円相当
300万円 30,000マイル=150,000円相当

大胆な試算ですが1マイル5円ペースで運用できれば、ダイナースクラブカード100万円利用では5万円相当、300万円利用なら150,000円相当。一般的なカードではこの半分以下ですから、カード年会費・グローバルマイレージ会費のトータル28,000円を加味してもダイナースが得になってきます。

 

 1マイル=2円の価値なら?

カード利用額 付与されるマイルとその価値
50万円 5,000マイル=10,000円相当
100万円 10,000マイル=20,000円相当
200万円 20,000マイル=40,000円相当
300万円 30,000マイル=60,000円相当

一方、1マイルを2円ほどで考えると、200万円利用で4万円相当獲得となりますが、カード年会費・グローバルマイレージ会費のトータル28,000円を加味すると12,000円分しか獲得できません。無料カードで半分のマイルがついた場合と比べても負けてしまいます。

年間移行上限が10万マイルなので、そこを加味してマイル移行する必要があります。しかし、ダイナースのポイントに期限はないので、1マイルを上手く運用していければ大きな問題になりません。

 

まとめ:ダイナースクラブカードは優秀なマイルカード

check

ダイナースクラブカードはショッピング利用でマイルを貯めるのに適します。普段それほど高くないポイント還元率も、マイル移行ではなかなか良いレベルです。

マイルの視点からは、ダイナースクラブカードはごく一般的なカードよりはマイルが貯まりやすく(約2倍以上)、航空系のカードには譲る(搭乗でのマイルはつかない、移行上限がある)という中間的な位置になっています。

 

また、ダイナースクラブカードは提携航空会社を多く選べるのも特徴です。

 提携航空会社

ANA アリタリア-イタリア航空 大韓航空 デルタ航空 ユナイテッド航空
logo_ana logo_alitalia logo_korean logo_delta logo_united

航空系カードでは対象航空会社が絞られるものも多いので、状況によってはダイナースを併用すると上手くマイルが貯まります。

 

廉価な客室クラスを利用する人だと、マイルの価値はどうしても低くなりがちです。よってダイナースをマイル目的で見るとどうしても年会費が響きます(他のサービスの価値は変わりません)。

しかし、ビジネスクラス以上を頻繁に使うなどでマイルの価値を高く使える人では、会費加味の上で得できます。 ダイナースクラブカードは「グローバルマイレージ」参加に手数料がかかりますが、これは必要に応じてサービスを付け外しできると考えると良いでしょう。

この優秀なマイルカードを上手に使いこなしてみましょう。

 

 ダイナースクラブカードの関連記事